スパムポークランチョンミート

ポーク缶は戦後の米軍統治下、アメリカによって沖縄に持ち込まれたもの。もともとは保存食だったんだけど、県民に絶大なる支持を受け、生活になくてはならないものとして今日に至っている。

例えば、ポークたまご。沖縄の食堂で、無いところは無いと言っていいと思う。スライスしてこんがりと焼いたポークと、卵焼きに野菜が付いたシンプルなメニューだけど、毎朝これを食べないと落ち着かないという人も多くいる。また味噌汁にも必ずと言っていいほど入ってもいる。チャンプルーの具としても重宝されていて、ポークをいれたポークおにぎりは大ヒット商品のひとつ。

ポークランチョンミートには、スパム、チューリップの二大ブランドの他にもプリムローズや 中国製などたくさんの種類があって、私はチューリップ、俺はスパムといった風に各人や各家に御用達があったりする。ちなみにスターダストレビューはスパム派なんだそうだ。

中でもアメリカ生まれのスパムは世界でも有数の大手である米国ホーメル社が発売している高品質ポークで、現在は、沖縄ホーメルが米国ホーメル社との資本提携により沖縄で販売している。 
最も美味しいと言われる豚のウデ肉だけを100%原材料に。食塩、砂糖だけで味付けをした混ぜ物無しのポークランチョンミート。名前の由来は“スパイシー・ハム”の略なんだそうだ。

商品はこちらでお買い求めになれます。
hmel_portama.jpgここでしか手に入らないポークおにぎりを誰でも簡単に作れるのが「スパムおむすび型抜き器」も売っていたりする。スパムのロゴの入ったオリジナル品でマニアの間でも人気な商品。



|