やかそば

yaka_m_s.jpgてだこ亭の未登利さんに何度も美味いよと言われながらなかなか行けなかった店、やかそばにようやく行けた。ただしそばのはしごをしたばかりではある(^^;

fasard_yaka.jpg menu_yaka.jpg

結構メニューはいろいろあるみたい。 ただ、今日は、やかそばとゆしどうふそばしかないってことなので、やかそばの中をオーダー(小370円中400円特650円) 。
この店、大はなくて小中特という順序らしい。小と中は金額差は少なく中と特とは大きいってのは、特の量はものすごいのかも。

yaka_m.jpg

というのも中でも写真の通りのボリューム。 見た途端にしまった今日は小にしておくべきだったと後悔。
出汁は澄んでいるけど、かなり味クーター。
載ってる肉が個性的。ソーキと三枚肉だけど、中華餡のようにトロミで包まれていて柔らかくもあり美味。こういう風な肉は初めてかな。麺は平麺でコシはあるけど、ちょっと柔らかいかな。

結局、苦しくて途中でギブアップ(^^;
2件目ってこともあるけど、麺の量が多くて、ちょっとヤワッとした感じだったからかな。出汁は美味かったし、今度また食べて見ようっと。 ヒージャーソバも興味大。食べたらやみつきとあるし。

*mahaeには麺は平麺とちぢれ麺、ツルツル麺の3種類から選ぶとあるけど何も聞かれなかったな(^^;

sea_yaka.jpg目の前は海で潮風に吹かれながら食べるのもいい。

やかそば
〒904-1203 沖縄県金武町屋嘉 240 地図
電話:098-965-0857
営業:11:30/23:00 定休:無休

11月 16, 2004 そば, 料理/店 | | コメント (2) | トラックバック (0)

石くびり

soki_s_ishi.jpg本部そば街道と呼ばれる伊豆味から本部港への道途中の右手にあるそば屋。石くびりという名前も以前から気になってはいたんだけど、なかなか立ち寄る機会がなかったけれどようやく食べることができた。


menu_ishi.jpg入らなかったのはファサードも余り魅力的じゃなかったってのもあるけど、店内もごく普通の食堂といった感じ。
魚そばってのが目に付いた。なんだろう? ちょうど団体客がいて、その中の一人が注文していたので会計の時にのぞいたら三枚肉とかの上に魚の天ぷらみたいなのが載っていた。うっちんを練り入れた「冷やし沖縄そば」もあり。

soki_ishikubiri.jpg

私がオーダーしたのはソーキそば600円。ソーキ3個だけでなく三枚肉もはいっている。それもかなり厚めだ。あとは、ゴボウ入りカマボコ。さっきの魚そばといえどうやら具沢山なようだ。
ダシはカツオの甘みがしたあっさり系。麺はツルツルとしてモチモチっとしてコシもあって優しい強さがある感じ。
思っていたよりずっとずっと美味かったな。コストパフォーマンスもいい。
ただ出汁がもうちょっと熱い方が私の好みではあるんだけど。

soki_men_ishi.jpg石くびり

住所:本部町東464番地の1
電話:0980-47-4769
営業:11:00〜18:00 定休:水曜日 駐車:あり

9月 23, 2004 そば, 料理/店 | | コメント (0) | トラックバック (0)

源治そば

soba500_s_genji.jpg知人に教えてもらった若狭大通りにある沖縄そばの店。
ううん、まいったかなり美味い。
ファサードも内装もこだわりが見えて入る前から美味そうと思ってしまった。


chirashi_genji.jpg麺は私の好きな亀濱製麺所のものなので文句なし(気持ちもちょっと硬めに茹でてる方が好みではあるけど)
出汁も濁りがなく透明で繊細な味。納得いくダシが取れなかった日は営業しないとチラシに書いてあるくらい自信もあるようだ。
コーレーグースや、紅生姜もおいてあるけど、間違っても最初から入れてはいけないよ。まずはこのダシをじっくり味わうのが礼儀ってものでしょう。

soba500_genji.jpg

とりあえず普通の沖縄そば500円を注文。
小さめの三枚肉が何枚かと細く切った昆布にネギがトッピングされている。三枚肉も適度に柔らかくて美味い。

ずるずるずるずる・・・・ごちそうさまでした。
ソーキそばもゆし豆腐そばもきっと美味いに違いない。

in01_genji.jpg fasard_genji.jpg

店内は、昭和30年代を再現したような感じにしていてそれもレトロでオシャレ感あるし、また来ようっと。

最近、亀濱の麺を使う店が増えてきてる。糸満のきらら屋も、玉城の玉屋、同じ若狭大通りでは以前からカクテルプラザビル1階そばやというそば屋もそうだし。あ、うちの事務所ちかくのひで司そばも亀濱の麺も選べるようになったし。 (最近亀濱の麺はなくなったようだ)あと最近だと國場のすーまぬめぇも同じ麺。
亀濱の麺を使ってる店はどれも方向性は同じみたいで、それぞれが美味い。違う方向性の店も現れないかなとも思ったりする。

源治そば
住所:那覇市若狭3-2-24
電話:098-868-7328
営業:11:30〜20:00(売り切れ次第終了) 定休:火曜日
駐車:無

9月 21, 2004 そば, 料理/店 | | コメント (2) | トラックバック (0)

ブラジル食堂

3tensoba_l_brazil_s.jpgこの店に行ったのは、もう10年振り位かもしれない。ここに移転する前は普通の食堂みたいで、そばとエスプレッソコーヒーの店だったけど、そばが美味かった。移転してから行った時に味が変わったような気がして足が遠のいていたのだった。



3tensoba_l_brazil.jpg

久しぶりに来て注文したのは、この三点そば。三枚肉とソーキに、かまぼこと油揚げが載っている。あれ?4点じゃないのか??と思ったりするんだけど。
朝から何も食べていなくて、とてもハラペコだったので大にしたのではあるけど、麺が私の好みでは、やはりないみたいで完食はできなかった。でもそばは、それぞれに好みがあるし、この店も永く続いているので好きな人は好きなんだと思う。(ただ夕方18時すぎなのにお客さんがいなかったのはちょっと気にはなるけど)

menu_top_brazil.jpgメニューブックの表紙からして南米の雰囲気がいっぱいです。

menu_brazil.jpg

聞いてはいたけど、ブラジル料理もメニューに追加されている。今度はこれをオーダーしてみよう。沖縄そばにソースをかけたソバゲッティもあるけど、ちょっと値段は高いかなぁ。でもちょうどニンニクを炒めるすごくいい臭いがしてたんだよね。

in_brazil.jpg店内ではブラジルのジュースやチョコレートも販売していたり、ちょっと座敷の方に目を向けるとカナリヤ軍団のユニフォームやサッカーグッズが飾ってあったりする。

沖縄王の記事へのリンク

ブラジル食堂
〒905-0006 沖縄県名護市宇茂佐1703-6
TEL.0980-53-5045
営業時間:10時30分〜18時
駐車場:あり

メニュー
本場ブラジル料理

ポルコアサード(焼豚料理):1,200円
フェイジョアーダ(豆と牛肉の煮込み):1,200円
ガリンニャアサード(チキンの焼肉):1,200円

沖縄そば

ソーキそば:大650円・小500円
三枚肉そば:大550円・小450円
やさいそば:大550円・小450円
牛肉そば:大550円・小450円
三点そば:大550円・小450円

飲み物等

ブラジルコーヒー[ エスプレッソ ]:300円
ブラジルアイスコーヒー:300円
アセロラ生ジュース:400円
シークヮーサー生ジュース:100円
コーラ・サイダー・オレンジ:100円
自家製ぜんざい:300円(沖縄で「ぜんざい」と言えば冷たいもの )

9月 20, 2004 そば, 料理/店 | | コメント (0) | トラックバック (0)

すーまぬめぇ

azumaya_sumanu_s.jpg国場十字路近くにある 風庵みたいに、昔の民家を改造したそば屋。去年の大晦日に開店したらしい。庭には東屋とかもあって、なかなかいい感じ。


ソーキそば600円を注文。 フーチバーが別皿に持って出してくれる。
まず、出汁を。 あっさりとした優しい自然な味。美味い。

soki_sumanu.jpg

次に麺を。 おや、ちょっと幅が狭いみたいだけど、この食感はあの麺か。
ソーキは本ソーキでよく煮込まれていて、出汁を邪魔しないあっさりとした味付け。
ソーキに、もう少し力強さがあればいいかなとは思うけど、美味いそばでした。

fasard_sumanu.jpg

会計する時に、亀濱の麺ですか?って聞いたらやっぱりそうだった。
最近、この麺を使う店が増えたなぁ。

ちなみに、すーまぬめぇは、オーナーの渡嘉敷さんの屋号だそうです。

azumaya_sumanu.jpg■電話/098-834-7428
■所在/那覇市国場40-1番地
■営業時間/11:00〜18:00
■定休日/月曜日
■駐車場/有り

9月 2, 2004 そば, 料理/店 | | コメント (0) | トラックバック (0)

大城食堂(テビチそば)

in_oshiro.jpg県庁裏手の大城食堂にて、テビチそばを。550円は安い。


tebichisoba_oshiro.jpg

壁にはってあった古びた新報の金口木舌というコラムによると、アシティビチのアシは蛇足で、本来はウティビチ(御手足)ではないかとか、アシティビチとお祝いの時に作るウィビチは全く別の料理であるとか言う意見があることが書かれていた。

ちなみにここは、昔はアシティビチと表記していたそうだ。

私は、テビチとそばは別々に食べたい派なのであるけれど、ここのそばは、テビチの添え物ではなくて麺もしっかりとしていて両方が楽しめるので好きだ。だしもあっさりとしている。
ご飯だとちょっとヘビーな時はそばがいいなぁ。

フーチバーはどこへ?と思っていたら底の方にしっかりと存在していた。汁をたっぷりとすって苦みが体に染み入るようだ。

porkegg_oshiro.jpg  sashimi_oshiro.jpg

7月 6, 2004 そば, 料理/店 | | コメント (1) | トラックバック (0)

玉家

soki_s_tamaya.jpg前からウワサには聞いてたそば屋。そばジョーグーな首里の旅行社マウントブラザーズの崎山社長ご推薦なのだ。ようやく行くことができた。

お昼が済んで間もなかったので、とりあえず娘と二人でソーキの小500円を注文した。
soki_s_tamaya.jpg
小とはいえ、なかなかのボリューム。ふたりでひとつを頼んだら、スープとかまぼこを一枚入れた丼を出してくれた。ちょっとした気遣いだけど嬉しい。お腹空いてないという娘だったけど、見るなりそばいれてちょうだいと言い出し、うまそうに平らげてしまった。もちろんソーキも。
確かに出汁が美味い。甘味とコクがあってあっさりとしている。
wakezara_tamaya.jpg麺は食べたらすぐ分かる亀濱製麺所のの麺で、この間たべて美味かったきらら屋と同じ。
ソーキがまた美味い。味がしっかりとついているにもかかわらず、スープを邪魔しない味付けなのだ。
スープを邪魔しないようにと別皿にする店もあるけれど、そもそも邪魔にならない味にするという方が正しいと思ったりする。

大将とお父さんのように見える男性他、奥さんかな?や女性スタッフがカウンターのなかできびきびと注文をこなしていくので注文してからでてくるまで、とても早く見ていて活気があって気持ちいい。

yomogi_tamaya.jpgこれはカウンターに置かれたフーチバー(よもぎ)。好みで自由に入れてもいいのかな。

そば処 玉家
住所:〒901-1204 南城市大里稲嶺57番地
電話:098-946-8885 営業:11:30〜 売りきれごめん 定休:月

※今は2号店と併合して大里店となっている。
住所:沖縄県南城市大里字古堅913-1
電話:098-944-6886
営業:10:45-18:00
定休:無休 サイト

4月 6, 2004 そば, 料理/店 | | コメント (1) | トラックバック (0)

美ら花

fasard_churahana_s.jpg以前から一度行ってみたいとは思っていたそば屋。極細麺が売りらしい。開店時には新聞の広告や、今もラジオで宣伝していたりする。正直、宣伝してる店でよかった店はないのだけど、一度は試してみないと分からない。北部からの帰りにいい機会なので寄ってみた。

fasard_churahana.jpg

外観は、木造りであったかな感じ。内部も木造りで素朴であったかな雰囲気をだしている。
新しいせいもあって清潔感もあるしいい感じ。
メニューにもいろいろとこだわりが書いてあり、お洒落。
私は、三枚肉で、他の二人がそれぞれソーキと野菜そばを注文。
ちなみに三枚肉とソーキは683円で野菜が630円(税込み)だったかな。

sanmai_churahana.jpg
これが三枚肉
soki_churahana.jpg yasai_churahana.jpg
左が、ソーキ。右は野菜そば
写真でも見て通り、盛りつけはなかなかのものだし、タマゴやもやし等のトッピングを別皿にしてサーブするところなど工夫されていていい。

さて、味はと、スープをすすってみる。ん〜、ちょっともの足りないかな。でも最初はこれくらいでいいか。
では麺は? 極細というほどの細さではないけど、ツルツルの麺。でもコシはほとんどない。これはこの間食べた「ひで司そば」の麺に似てる食感だな。これは私の沖縄そばの概念からはかなりはずれてるとしか言いようがないなぁ。。麺のかたちや食感はコシのない冷麺みたいでもある。これはこれで多分好きな人もいるんだろうけど私の好みではない。沖縄そばと呼ぶにはどこにもそれらしさを感じないからだろうと思う。

一緒に食べた湧川氏も同様な意見だった。彼女はその日はあっさりとしたそばにしたかったので肉を避けて野菜にしたんだけど、野菜が油たっぷりで炒められていたためにスープが油っぽくなって、食堂の娘としては出されたものは残さない主義であるにもかかわらず途中でギブアップ。私も体調不良?のせいか完食かなわず。

三枚肉はかなり迫力もあり、やや脂っぽくはあるけどいい味だっただけに、この麺はちょっと残念だった。
あ、かまぼこも見た目はこんがりとした感じなんだけど、食べてみたら極普通。普通のかまぼこの方が美味いかも。

また機会があればまた食してみたくはあるけれど、食べた他の方の意見も聞きたいものだ。


住所:名護市字幸喜111-1 地図
電話:0980-53-0331 営業:11:00〜23:00(L.O22:30)定休:無

4月 6, 2004 そば, 料理/店 | | コメント (2) | トラックバック (1)

きらら屋vol.2

asarimeshi.jpg一緒に仕事してる湧川さんが、急におなかが空いたってことで、土曜の昼下がりということもありドライブがてら糸満のきらら屋へ2度目の訪問。店内に入るなり、てだこ亭の常連でもあるsaltyさん夫婦に遭遇。やっぱり沖縄は狭い。今回はハラミそばを試すつもりだったのだけど、いきなり売りきれとのこと。気をとりなおしてもうひとつの目的であるあさり飯ときららそばを注文。

前回、ちょっと柔らかめの麺と書いていたのをご主人がたまたまネットで見つけたらしく、顔も覚えていてもらえたようで今回はちょうどいい固さの麺だった。聞けば糸満の人は、固めの麺は苦手らしく柔らかく湯がいてとのリクエストが多いらしい。固めの麺が好みの人は、あらかじめ固めにしてと告げておいた方がよいと思う。
ishihara.jpg前回の記事でのコメントでご主人が「盛りつけを考えないと・・・」と書かれていたけれど、今回は前回より立体的に具が盛りつけられていた。
あさり飯にはもちきびが入っていて、彩りも食感もいい感じ。タコが一切れ底のの方に入っているのは、おまけなんでしょうか(^^ 
2004/03/27

きらら屋のデータ

3月 29, 2004 そば, 料理/店 | | コメント (0) | トラックバック (0)

あしびうなぁ vol.2

asyubi_040322_people.jpgあしびうなぁは、2回目。正式オープン後は初めてとなる。今回は新報の方が東京転勤になるのでその壮行会とあしゅびなぁオープンのお祝いもかねていろんな方が集うこととなった次第。この日特別にいただいた瑞穂の20年クースは、ピリっとした辛さとまろやかさが渾然一体になっていて、すごく美味かった。あんな泡盛を飲んだのは私は初めてでした。

asyubi_040322_03.jpg
左は沖縄そば(小)右はみぬだる。沖縄そば、みんな美味いとのこと。レセプションの時よりさらに美味くなってる気がした。みぬだるは豚のロースを漬け込んで黒ゴマをまぶして蒸した宮廷料理。ロースなのでパサパサしてるみぬだるも多いけれど、これは中もジューシーだった。
asyubi_040322_00.jpg
左から刺身 ゴーヤーチャンプルー イカスミ焼きそば
イカスミの麺はりょう次グループのオリジナルの麺。
asyubi_040322_01.jpg
左から山羊の睾丸 てびちの唐揚げ タームの天ぷら
山羊の睾丸はちょっと水っぽかった。本来はもっと濃厚でクリーミーなものだと思うのだが。
てびちの唐揚げは美味。てびちが苦手な人もこれなら抵抗はないんじゃないだろうか。
asyubi_040322_02.jpg
左からミーバイのバター焼き 豆腐チャンプルー ヒラヤーチー
simajiri.jpg
金城良次氏の右腕の島尻さん。こまかな気配りの出来る方で、この人あっての良次さんという感じのするとても頼しい方。

琉球茶房あしびうなぁ
住所:那覇市首里当蔵町2-13 電話:098-884-0035
営業時間:お昼 11:30〜14:30 お茶 15:00〜17:30 晩ごはん 18:00〜24:00 無休
りょう次グループのあしびうなぁのページ

3月 23, 2004 そば, 料理/店 | | コメント (2) | トラックバック (0)

きらら屋

kirarasoba.jpg
豊見城の商工会の用事のついでに足を伸ばして糸満で話題?のそば屋に行ってきました。

まだ昼時間だったんだけどお客はいなかったのでちょっと心配だったのではあるけど予想以上に美味かったです。
麺は口にいれたらすぐに亀濱製麺のだと分かった。あとでご主人に尋ねるとこの麺が扱えるようになったからそば屋を始めたようなものだとおっしゃっていた。
注文したのは、看板商品のきららそば。一見すると三枚肉が載ってるだけかと思きや、その下には本ソーキとかまぼこが2個(2枚ではなく)潜んでいる。肉はどちらもよく煮込まれていて柔らかく美味い。三枚肉の脂もていねいに抜かれていてくどさはない。スープはかつをがよくきいている。私には少し塩辛いくらいかな。麺は亀かめそばより柔らかめに湯がかれているので次回は固めにしてもらおうかと思っている。
下に記したのがお店の全メニュー。こう見るとかなり肉にこだわりがあるようにも思える。次回はハラミそばなどとあさり飯を試してみたいものだと思う。

きららそば(本ソーキと三枚肉)看板商品 490円
きららそばダブル(お肉が、きららそばの2倍)750円
きららそばスペシャル(きらら屋の肉全部入り)650円
きららそばスペシャルダブル(お肉がスペシャルの2倍)980円
本ソーキそば(国産チルド肉使用)590円
ハラミそば(沖縄初!!)ソーキより美味い!!?550円
三枚肉そば(県産生肉使用)470円
骨汁そば(お肉なしです)「ニクゼロ」290円
替え玉(麺のおかわりです)100円

あさり飯(あさりの炊き込み御飯です)250円
あさり飯セット(半かけそば・デザート付)500円
あさりタコ飯(あさり飯にタコを添えてます)350円
あさりタコ飯セット(半かけそば・デザート付)600円
いなり寿司(小ぶりサイズです)1ケ50円
ミニ中華ちまき(鶏肉入り)おすすめ!1ケ120円
甘菓子(日替わり)1ケ100円
冷おしるこ100円
生ビール(アサヒスーパードライ)600円
ソフトドリンク(飲み放題・セルフサービス)110円

fasard_kirara.jpg沖縄そばきらら屋 糸満市役所北側300m
電話:098-994-7655
営業時間:11時頃〜17時頃まで(売りきれゴメン)
休み:毎週月曜・第1土曜日とその翌日(日曜日)・子供の運動会と学芸会の日・年末年始、旧盆その他

3月 17, 2004 そば, 料理/店 | | コメント (6) | トラックバック (0)

山原そば

soki_dai.jpg

本部を縦断する道路沿いにある、そば屋。
一見すると営業してるのかしてないのかよく分からない。
今日は、美ら海水族館の打ち合わせのあと、久しぶりに昼前に寄ってみたのだが、
営業中の札があるわけでもない。中に電気が点いているみたいなので多分開いているのだろうと。

実は、今日立ち寄るまでに何度か店の前は通っているが、その度に「本日閉店」の看板が何度かあった。
以前は、土曜が休みだった。土曜やすむ店も珍しいのだが。
今は、月・火が休みになっているようだ。(店内にそう書いてある)

写真はソーキそばの大650円。小は500円。
とろける程柔らかいといったソーキではなく、ほどよく煮込まれた本ソーキで味わい深い。
出汁は、カツオがよくきいたアッサリ味。麺はツルツルとした食感で適度なコシがあるといったところか。
私はけっこう気に入った。以前食べたときより美味い気がする。

他に三枚肉そば、大550円。小400円に子供そば250円。飯100円というシンプルメニュー。

fasardin.jpg

営業時間は一応11時半〜17時だけれど、売りきれしだい閉店だろう。
電話は、0980-47-4552 本部町伊豆味70-1
関連サイト:Okinawawebの飲食店情報

3月 12, 2004 そば, 料理/店 | | コメント (2) | トラックバック (0)