« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

今日の1枚 060329

今日の1枚はこれ。南風原高津嘉山にある飛び安里の初飛翔顕彰記念碑

3月 29, 2006 おすすめサイト, ニュース | | コメント (0) | トラックバック (0)

大東の風

sobaset_z大東の風は自宅近くの中城にある店。
7月(2005年)にオープンしたらしい。
残念ながら諸事情により一時閉店して、那覇か南部でいづれ再開の予定があるらしい。

sobaset

注文したのは、そばセット。そばと大東寿司が3個というもの。
出汁はちょっと甘めであっさりとしていて美味い。
麺は、太目の縮れ麺で、コシはあるけど、ちょっと茹ですぎなのか柔らかめ。
三枚肉は甘く煮込まれていて柔らかくてなかなか美味い。
大東寿司もちょうどいい漬け具合でいい感じ。
これで700円はお得かもね。

miyagiご主人は、感じのいい人で北大東の方。
もうすぐしたらキビの刈り入れ時なのでお店は息子さんと奥さんに任せて戻るそうだ。ハーベスターをお持ちの大規模農家を経営されているそうだ。
南大東の伊佐商店の伊佐さんや吉浜さんもご存知のようで、伊佐さんが大東そばを名乗ってるので自分は沖縄そばと言ってると謙遜されてたけど、お互い切磋琢磨すればいいんじゃないかとも思う。
うふあがりそばでもいいよね。

話をしてるうちに、冷蔵庫の中に、おおっぴらには言えない魚があることが判明して、ちょっと嬉しいかも(^^

menu_food menu_drink
メニューは食べるのは左のような感じなんだけど 飲み物のメニューが 右で、なんともかわいらしい(^^ あいすこーぴーなんて。

fasard_daitoそば・大東ずし 大東の風
住所:中頭郡中城村北上原888 電話:098-895-9150
営業:11:00〜20:00 定休:水

3月 27, 2006 料理/店 | | コメント (2) | トラックバック (0)

ダッチで中華 37thDOP

mydutch01今回のDOPは中華がテーマ。 テーマを決まるのは珍しいけど、新しい試みだったりする。

dop060311_02zensai

前菜は、kawaさんのピータン豆腐とバンバンジー。

ピータンとは、中国で作られるアヒルの卵を加工したもの。アヒルの卵を、塩や生石灰・草木灰などを混ぜ合わせた泥状のもので厚く包み、籾殻をまぶしてかめに入れ、数ヶ月ほど密封して作られるんだそうだ。

しばし、誰が考えたんだろうろとか、自分でも作れるだろかという話になったりしたので調べてみたら、昔、中国のある人が、かまどの近くにあった灰の中にアヒルの卵が埋まっているのを見つけ、食べてみたところ独特の風味があることに気づいたことが始まりだったらしい。まぁ食べ物の起源ってのはこういうもんなんだろうな。

作り方を調べたら、
http://kodawari.lin.go.jp/process/egg03.html
http://www.ajiwai.com/otoko/make/pida_fr.htm
う〜ん、なんか化学の実験みたいだし大変そうだなぁ(^^;

kabocha2

これは私が作った南風原津嘉山産の丸ごとかぼちゃ麻婆ナーベーラー。
かぼちゃはほくほくで、上品な甘みでとても美味かった。
最初に麻婆豆腐と言ってたので、豆腐が入ってないからおかしいとか言われたけど(^^; 次回は、熱々の具を入れてから蒸すようにしよう。それに、豆腐でもやってみるかな。でもナーベーラーにしたのは、南風原の代表的なふたつの野菜を使って作ってみたかったんだな。

dop060311_01kayu

これはkunkunの鶏の丸ごと中華粥。中華粥は、煮込むのにかなりっ時間をかけるもんなんだけど、それだけに美味い。
ミョウガ、生姜、高菜、揚げた雲呑皮とかいろいろとトッピングして楽しめるしね。
kawaさんの誕生日だったのでちょっとしたお祝いも。

dop060311_03dessert

デザートは、杏仁豆腐とブラウニーにコーヒー。

今回は、メニュー数はいつもより少なめだったけど、どれも美味くて満足〜。

3月 27, 2006 料理/作る | | コメント (0) | トラックバック (0)

鴨ロースト 36thDOP

kamo_roast_pDOPも36回目ってことは丸3年になるんだなぁ。
今回は中華にするか、モダン焼きにするか、それとも紅豚料理にしようかと思ったりしたんだけど、那覇に出た時に鴨を見つけたのでそれでローストを作ることに。

dop01_060211

塩、コショー、それとベランダのローズマリーにジェニパーベリーをまぶしてしばらく置いておく。そのままローストにしようかとも思ったけど、チキンロールのように巻いてみることにする。
肉をちょっと剥いでから巻いて、皮をその廻りにぐるりと覆うように巻く。それからフライパンで廻りをこんがりと焼く。あとはオーブンへ。2枚あったので1枚はダッチオーブンで薫製に。

ジャガイモはよく洗ったら、適当にスライスしてちょっと水にさらしたら鴨と一緒にロースト。

鴨の脂と赤ワインとおろしワサビと、醤油とさとうきび酢でソースを作ったらできあがり。
薫製の方はちょっと火を通しすぎたかなって感じかな。ローストの方が人気あったし、今回はソースも好評だった。ポテトも美味かったみたい。

dop02_060211

K氏は、結婚祝いでみんなでプレゼントしたオーバルタイプのDOを初めて使った鯛の塩釜。昆布で巻いてから卵白を混ぜたシママースで包んでDOで焼くだけのシンプル料理なんだけど魚の旨味を引き出してくれる最高の料理法のひとつ。身はふっくら柔らかくちょうどいい加減の塩味で美味い。

kawaさんのチキンローストは、リンゴ、生姜、ニンニクとかをすり下ろしたものとヨーグルトを混ぜたものに漬け込んでDOでローストしたもの。ジェノベーゼ風とピーナツバター風の二つのソースでいただく。チキンはとても柔らかく優しい味。ジェノベーゼ風のソースは、おとなしい味だったのでちょっと物足りない感じだけど、ピーナツバターのはチリソースも入っていてこっちの方がこのチキンにはすごくあう気がするね。

dop03_060211

Tさんの、おでんは、昆布、ダイコン、サンマのつみれ、ちくわ、ウィンナー、タコ、はんぺん、コンニャク、それにタマゴ。やっぱり大好きなのはタマゴ。OH!HAMARさんに言わせるとおでんでタマゴ好きな人の気が知れないってことらしいけど(^^;

Hさんの県産トウモロコシの茹でたのも、シャキシャキで美味かった。

OH"HAMMARさんのフランスパンの揚げパンもおおっと思うくらい美味い。生地ができていたら、あっと言うまにできちゃうところもいいね。問題は生地を作ることだなぁ(^^;

3月 27, 2006 料理/作る | | コメント (0) | トラックバック (1)

ダッチでかぼちゃ 35thDOP

01_birthdayダッチオーブンパーティも今回で35回目。 今日(2006年1月14日)もあったかで、風がないから半袖でも大丈夫。それに満月も綺麗だった。

02handama_tako

私が作ったのは、ハンダマとややカリカリベーコンとミミガーのサラダ、さとうきび酢で作ったごまドレッシングにコーレーグー酢を加えたもの。あっさりとした酸味にゴマの風味がなかなか好評だったかな。
右下は久しぶりのたこ焼き。今回はちょっと火の調子がイマイチでひっくり返すのに苦労してた(^^;

03pump_gyoza

雪化粧を使ったかぼちゃとチキンと鴨団子のクリームシチュー。よく作るホワイトソースのシチューじゃなくてスープシチューみたいなの。牛乳はいれたけど生クリームはちょっぴりだけ。作ってる最中に味見したらかぼちゃの甘みがとっても強いのでそのまま生かした方がいいかなって思った。私にはちょっぴり甘いけど女性受けはその方がよさそうな感じもしたし、たまにはこう言うのもいいね。ってかぼちゃを料理したのって初めてかも(^^;

ペーストにしたかぼちゃも入れたし、煮込んだのでかぼちゃが結構崩れてスープ状というかポタージュ風に。ふと気になって調べてみたら、ポタージュって本来のフランス語ではスープ(汁物)の総称なんだそうだ。
ついでにシチューも調べたら、シチューとスープの線引きは明白ではないが、基本的に素材が大きめに切られ、前菜ではなく、メインディッシュとして食べられるものをシチューと呼ぶらしいけど、これに当てはまらない例も多くあり、初めに日本へ紹介された名前が用いられているのがほとんどであるそうな。英語だと煮込み料理のことだしね。

次回は、かぼちゃ丸ごとのプリンに挑戦してみようっと。

04mochipizza

右下はtさんお得意の餃子。餃子作るのが巧いなぁと感心。
今回は海老のみはいった贅沢な水餃子。海老がぷりぷりでしっかり海老の風味が活きていてすごく美味かった。こんなに美味い海老餃子を食ったのは記憶にないな。タレもピリリと美味かったけど、海老の殻の出汁で伸ばしたタレ作っても美味いだろうな。

3枚目は、ハリーさんお得意の餅ピザ。今回は定番のものと、生ハムを最後にトッピングしてルッコラやクレソンを載せたものの2種類。どちらも彩りもすごくよくて美味い。下の野菜を載せる前の生ハムを載せた状態のがすごく見た目にも高級感あってすごい。生ハムがちょっぴり塩辛かったのでもっとトマトをたくさん載せたらよかったかも。

01_birthdayセイタカノッポなワインに、バースディケーキ。
アルファベットなロウソクがかわいい。

3月 27, 2006 料理/作る | | コメント (0) | トラックバック (0)

さかえ

yagisahi牧志の琉宮通りにある山羊料理の店「さかえ」へ。 ここの山羊が食べられなかったら私は山羊を食べるのをその方には勧めないと思うくらいここの店の山羊はクセもなくとても美味いのだ。

久しぶりだったので、歩きながら念のために電話をいれたら、なかなか取らないので心配になったけど、なおみねーねーのハイテンションな声でだいじょぶよ〜との返事があって一安心。

今回連れていった3人ともヤギは初体験とのことだけど、好き嫌いはないらしいし、ここのヤギが食べられなかったら多分沖縄のどこのヤギもダメだろうね。それほどここのはクセも少なく美味い。

01_sakae050902

食べたのは、左上、右上、左下、右下の順で
1枚目。
ヤギさし、やぎ玉、ヤギ炒め、ヤギのフーチバージューシィ
どれも美味い。

02_sakae050902

2枚目。
ゴーヤーチャンプルー、牛刺、ホルモン焼き、豆腐チャンプルー
どれも美味い。

03_sakae050902

3枚目。
スクガラス豆腐、お客さん差し入れの釈迦頭(シャカトウ)。昨日これはきっとカニステルだと思うって言ったけど、違った(^^; バンレイシのようだ。
甘くてとろっとしていて美味い。ひとりが、釈迦の脳味噌なのねって言ったのにはうけてしまった(^^
その方は他にもいろいろ名語録を残したように思う。

昨夜は、なおみねーねーが一人だったので大忙し。それでもいつもながら元気元気でハイテンションでよく働くことったら。

飲んだのは、ビール、瑞泉古酒43°、瑞穂、ふーちばー(これはしーぶん)、山原くいな・・・・・よく憶えてないけど、いっぱい

以前のさかえの情報はこっち

さかえ
住所:那覇市牧志3-12-20 電話:098-866-6401
営業:16:00~23:00 定休:日曜

3月 27, 2006 料理/店 | | コメント (0) | トラックバック (0)

アルティザン

closeアルティザンからハガキが来ていた。聞いてはいたんだけど4月末で閉店して1年程時間をかけて東京にお店を移転するんだそうだ。開店してすぐにお店に行っていい店だなぁと思ってからもう5年も経つんだなぁ。4月に入ったらみんなで行こうと思っているんだけど、前回行った時のはここには書いていないので書いておこうと思う。

hyoutei050321

最初に出された小さなパイのようなのはチーズの香が芳ばしかった。次に出された軽くスモークされたサーモンと半熟玉子の組み合わせ。玉子は崩してサーモンと絡めて食べるんだけど、これが絶妙!この玉子は何でも京都の有名な瓢亭(ひょうてい)の瓢亭玉子を元にしているんだとか。瓢亭玉子ってのは、先のページによると身は中までしっかり固まっているのに、黄身はとろとろにやわらかい半熟玉子の事らしい。この甘みのあるトロッとしたところとサーモンの柔らかさとスモークの香の組み合わせがとってもあっているなと思った。

次は、イカとかぶに、鯖のドレッシングあえと言えばいいのかな。イカとかぶがこんな風にマッチするとは初めて。この2品ともピリピリっとしたドレッシングがすごく美味かった。
日本酒にもあいそうな感じ。

熊本さんの塩トマトとハマグリの冷製パスタ。アルデンテの茹で具合がいい。ハマグリもプリプリしている。ただ好みとしては麺はもう少し細い方が好きかな。でもとても美味かった。塩トマトは沖縄でも作っているんだけど、ご存じなかったみたいで今度捜してみると言ってた。私も見たことはあるけど食べるのは初めて。


usa_agu050321

次は、秋田産ウサギのパスタ。鶏肉にも似た食感だけど、もっとジューシーな感じで美味い。確か昔日本にソーセージが外国から入ってきたときはウサギの肉を使うのが普通だったはず。パスタではウサギのローストでは使わない足とか首の肉を使っているそうだ。

最後は、アグーとタームのピューレ添え。しっかりとした食感と爽やかな豚肉。特にタームのピューレが美味かったなぁ。これもソースがスパイシーだけど多分醤油が入っているんんだろうけど甘めで豚肉によくあっていた。

デザートは、イチゴの生チョコレートケーキとバニラアイス。ケーキはあったかくて中からイチゴソースがとろぉりと出てきて、冷たいアイスとのコントラストがすごくいい。

最後は、私たちが持ち込んだ、山羊ミルクで作った試作第2回目のブロッチェ。かなりいい感じに仕上がって来たみたい。爽やかな酸味。

気が付けばあっと言うまに3時間が経っていた。お喋りしながらゆっくりと食事するのも幸せだね(^^

アルティザンの以前の記事へ

Artisanアルティザン
住所:那覇市久米2-11-3 第三幸福ビル2F(寺子屋グループ上)
電話:098-862-3162 営業:18時〜2時半(ラストオーダー) 定休:火曜と第1月曜
アルティザンへの地図

3月 26, 2006 料理/店 | | コメント (0) | トラックバック (0)

ちちり

chichiri_kamo_karupaFlashセミナーのあと懇親会までにちょっと時間があったので、歩いていたら偶然見つけたのがこの「ちりり」というちょっと変わった名前のお店。地酒・炭火焼きとあるように、清酒の品揃えも豊富な感じだし、メニューもいい感じ。 で、ちょっと入ってみることに。


chichiri_butawasa

これは紅豚ワサ(って名前だったかな?)
紅豚の冷シャブを山葵と岩海苔で和えたもの。山葵と岩海苔の組み合わてなかなかいいな。
一口目は、上の部分にある紅豚を食べたのであれ?醤油とか必要なのかなと思ったんだけど、混ぜて食べるとこれがとても美味い。
最初からもちっと絡めてあると分かりやすいかもね。

chichiri_kamo_karupa

これは鴨の炭火焼きカルパッチョ。タレが少々甘めではあるけど、柔らかくジューシーで美味い。

時間の都合で食べたのはこれだけとビールだけなんだけど、またゆっくりと来てみたいな。

ちなみに店名のちちりって言うのは炭火が焼ける時の音から取ったんだそうだ。なかなか洒落てるネーミングだね。

地酒 炭火焼き ちちり
住所:那覇市おもろまち4-8-7 電話:098-861-2651
営業:17:30〜25:00(金・土・祝祭日前日は26:00まで)定休:無

3月 26, 2006 料理/店 | | コメント (2) | トラックバック (0)

山羊づくし 世名

sena_fasard.jpg東風平町の山羊料理専門店の世名へ。前から一度食べたいと思っていた山羊にぎりを食べようと思って。ここは山羊メニューがもちろん豊富だけど、それ以外の料理もあるので山羊の嫌いな人も大丈夫そう。店は思ったよりこぢんまりとしてる。

sena_yaginigiri_all.jpg

さて、山羊にぎりだけど、12個はいって1200円は良心的と書いてあるけど、かなり小振りではある。私には酢飯がちょっと酸味が強いかなと思った。食べ易くはあるけど、量的には物足りなかった。
やっぱりこれは一人で食べるのではなくて、せめて二人で行って、そばと定食とかにこれをサイドオーダーで頼む方が正解だろうなと納得(^^;

sena_yaginigir_z.jpgお店に貼ってある案内だと閉店時間が20時にラストオーダーが19時に変更になったようだ。場所柄夜遅くまで人がいないのかもしれないけど、ちと早いなぁ。
アパッチ汁は、山羊汁を食べやすくしたものらしいけど、これも食べてみたいな。でも何でアパッチなんだろう?アパッチのように強くなれるってことだろうか? 白子って山羊玉のことだと思うけど、ひょっとしたらレバーかも?
やぎ玉はすごく好きだけど、レバーとか食べたことないなぁ。

住所:〒901-0403  沖縄県八重瀬町 世名城 474-1
電話:098-998-6838 定休:月

人気blogランキングfクリックしてね!→

3月 21, 2006 料理/店 | | コメント (0) | トラックバック (0)