« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

拓洋のすっぽん鍋

supponniku今回の三水会(11/16/2005・水)は久しぶりに前島の拓洋にて。
ここの店の料理はなんでも美味いのだけど実は、すっぽんで有名だったりするんだけど、食べるのは初めてだったりする。沖縄のすっぽんは、内地のそれに比べてもすごく美味いんだそうだ。

01写真1枚目の左上のはハンダマー。普通ハンダマーは葉の裏は紫をしてるんだけど、これは両面とも綺麗な緑をしている。昔からあったらしいけど最近注目されている種類らしい。

右下がすっぽん。卵巣、卵、肝などが甲羅の上に載せてある。

02生き血を日本酒で割ったものもさっぱりとした感じ。

鍋の方は文句なく全部美味かった。
ご主人の長濱さんが鍋奉行をしてくれたので、野菜も肉も一番いい状態で取ってくれるので素晴らしかったのだと思うけど、食べるのに専念できるのは嬉しい(^^

豆腐も美味かった。今までちょっと食べたことのない食感だったので聞いたら、島豆腐の絹ごしだった。島豆腐に絹ごしがあるのは知らなかったな。なんというか滑らかな島豆腐なんだよね。それでいてしっかりとした味と食感があってとても気に入ったなぁ。

うどんの後は、雑炊。お腹いっぱいだったけど、最後の旨味たっぷりの雑炊を断ることは不可能だし(^^;
美味かったです〜。

03ちなみに、沖縄のすっぽんは、那覇だと金城ダムあたり、中部では
比謝川の上流、そして北部とかで捕れるらしい。
捕ったすっぽんは6カ月は泥を吐かせたりと捌くまでに時間をかけるとのこと。泥くさいすっぽんを出す店は短い時間しかかけてなかったりするのだろう。

私は初めてだったけど、食べたことがある人に言うと今日のすっぽんはもう最高だと言ってた。私の場合はこれが基準になったんだろうな。

以前食べた薬膳料理もすごく美味かった(^^

拓洋
〒900-0016 那覇市前島1の6の7
TEL/FAX: 098-866-6783
営業時間:11時半~14時 17時~22時
定休日: 日曜日

12月 26, 2005 料理/店 | | コメント (0) | トラックバック (0)

南ぬ天(フェーヌティン)

04fenu_s南ぬ天と書いて、フェーヌティンと読む。
北谷の照屋林賢さんとこのプナプナをやめて新たに okinawa restaurantとして火曜にオープンしたばかりのお店。 南天じゃなくて南ぬ天とするあたりが非凡な感性だなぁと思う。林賢さんはいつもネーミングのセンスはいいね。
で、Macな忘年会で早速行ってきた。

01fenuオープンしたばかりでまだスタッフが慣れてない部分もあったけど、概ね満足できるレベルだし料理も美味かった。これだけ食って泡盛飲み放題で一人3000円程だった。
1枚目のシチューマチのバター焼きが美味かった。前日食べたラ・コールのシチューマチよりやっぱりこっちの方が美味いなぁ(^^;

02fenu刺身も寿司もなかなかよかった。どちらも大皿がちと合わないのと安っぽいとあとで林賢さんに話したら、みんなで焼いてみようかと言うような話になった。果たして実現するのか(^^

豚肉は、紅豚。この豚肉は何度も紹介してるけどすごく美味い。脂がとろけるような感じ。
ラフテーは箸で触ると崩れそうなというまではいかなかったけど、よく煮込まれている方だったかな。

03fenu3枚目の右上のフーチャンプルーは、自慢するだけあってすごく美味かった。雑炊も美味かったな。

04fenu林賢さんと奥さんの知子さん。知子さんは普段は普通に見えるのにステージに上がると人が変わっちゃうんだよなぁ。
ティンクの二人はいつもながらおちゃめだ。窓の向こうを通りしなに踊っていた(^^; きみたち芸能人だろにぃ〜。

料理を堪能したあとは、二次会でダブルデッカーへ。
というわけで帰宅したのは3時前。

12月 23, 2005 料理/店 | | コメント (0) | トラックバック (0)

コンタディーナ

riservataコンタディーナは、浦添市の内間のベスト電器の裏手にあるイタリア料理店。ピンザ倶楽部忘年会で、初めて訪れた。こぢんまりとしたお洒落な外観に内装は、てだこ亭の飯塚さんが言うにはイタリアみたい〜らしい。


contadina01_051213料理はどれも美味かった。
手打ちのパスタは、ホタテやカブ、木ノ子やアスパラなど様々な具が絡み合い落ち着いた自然な味でとてもいい感じ。

オマールエビとラビオリもコクがあって素晴らしい。

contadina02_051213
そして何と言っても鶉とイベリコ豚のソテーは塩加減もすごくよくて絶品だった。う〜ん、もっと食いたいぞ。

そしてそして、すごいことにオーナーの友人が待機してくれていて最後にカンツォーネ(でいいんだよね?)を歌ってくれたのだ。
これはすごいサプライズですっかりこの店が気に入ってしまった。

作ってるのはオーナー一人なので、料理は最初はややのんびりとした出かただったけど、味はどれもすごくナチュラルな感じがして好感が持てる。
次はランチに行ってみようかな。

イタリア料理 コンタディーナ
浦添市内間2-12-6 電話:098-875-9126
営業:火〜土 11:30〜15:00 18:30〜23:00 日はランチのみ
定休:月

12月 23, 2005 料理/店 | | コメント (3) | トラックバック (2)

そばーじゅ

allそばーじゅは、那覇市の泊小学校の近くにあるフレンチレストランというかビストロと言った方がいいのかな?こぢんまりとしたステキなお店。
産業まつりの慰労とピンザブランの奨励賞のお祝いと11月11日に青山のスパイラルホールで行なわれるチーズフェスタで國場さんがプレゼンする壮行会を兼ねて、11/1に集まりをした。ランチは何度か来たことはあるんだけどディナーは初めて。チーズ教室のT夫妻とばったり会って合流して7名で楽しい夜を。


01まずは、フェラーリのロゼで乾杯。すっきりとした甘さで美味い。
それから山原の鴨のローストと写真では裏に隠れて見えないけど砂肝とハツ。う〜、これは絶品。肉もうまいけどハツと砂肝が特に美味い。空きっ腹に拍車をかける美味さ。

次は、島ニンジンのムースゼリーよせ。イクラとウニが中にはいっていてこれも超美味。

02オマールエビの鏡仕立て。かぶを鏡に見立てたんだそうだ。
かぶの下にはこれまた美味〜いオマールが・・・。
しかも頭部のグラタンまで!これがまた絶妙な味付けで、どうしたらこんなに全部がこんなに美味いんだろう?殻もバリバリ食えちゃうし。

03さざえのグラタン香草バター。これもなんとも言えない味。細かに切ったさざえとトマトの食感がいいし。肝も抜群!

テットドフロマージュは、豚の頭の中の肉をこそいでテリーヌにしたようなものなのだけど、食べるとにこごりが口の中で一瞬にして溶けてなんとも言い難い爽やかな酸味を伴ったジュースみたいになってこんなのは初めて食ったな。これが今回の中で一番印象に残ったくらい。これはすごいなぁ。

白身魚とたたみイワシのミルフィーユ。それまでの料理に比べるとかなり力強い味付けでインパクトがある。緑のソースはホウレンソウ。

04たたみイワシは上にのっかってるものでイワシの稚魚だっけ?
確かによくみたらそうだ。初めてかな?

口直しのシークヮーサーとオレンジのグラニテ。これはすっぱぁ〜いい。確かに口の中がリセットされた。

05それでもってメインの仔羊。ジューシーで美味い。さらにこれでもかという感じの濃厚なソース。実は私は塩とコショーとかのシンプルな味付けで十分なんだけど、これはこれですごいかも。

それとチーズは、もちろんピンザブランと、カステルマーニョにアズィアーゴ・ストラベッキーノ。もうお腹いっぱいです(^^

最初にランチに来た時もびっくりしたけどデザートはワゴンに載せられて運ばれて来た中から2品を選べる。
私が食べたのはバナナのとチョコムース。
もう何も入りません(^^;

オーナーシェフの末吉さんはきさくでお話好きな方です。

そばーじゅ
住所:〒900-0012 那覇市泊2-9-7 電話:098-863-3731
営業:11:30〜13:30(LO)18:00〜21:15(LO) 定休:月

12月 23, 2005 料理/店 | | コメント (0) | トラックバック (0)

L'A CCORR(ラ・コール)

02lacord051221_sラ・コールは那覇市内の日銀那覇支店の近くにあるフレンチレストラン。おいしいチーズを食べる会ではよくお世話になっているレストランだったりする。今回は三水会の忘年会でこちらを利用することに。確か2年前の忘年会もここだったかな。

01lacord051221食前酒に始まり白・赤ワインに料理をいただく。

まずは、チーズ風味のシュー。写真では3つあるけど一人1個ね。
チーズの香りがいいけど、まさに一口ではある(^^;

次のパルミジャーノと生ハムのサラダはボリューム感があって美味かった。一番ボリューム感があったのはこれかも。

トマトのパスタはワタシ的にはちょっとアルデンテを越えているような気はしたけど、これも美味かった。ソースはパンで綺麗に平らげた。

02lacord051221シチューマチのなんとかのソース。シチューマチはアオダイのこと。
これは普通。この手の魚料理ってどうも余り感動するのには余り出会えないもんだね。美味しいんだけど何か物足りないと言えばいいのか、まぁこんなものでしょうと言うのから抜け出せないんだな。

鴨のコンフィーはパリパリで味付けもちょうどいいい感じ。

チーズプラトーはなぜか私のセレクション。モンドールにカマンベールのカルバドスとあとはなんだっけな(^^;

モンドールは私のお気に入りだけど、匂いがすごいねと言う人もいた。確かに言われれば○○な香りとも思えなくないな(^^;
ブルーチーズも美味かった。

最後のデザートは、ピスタチオのソースをカラメルで焼いたものにアイスクリームがのってるもの。ちょっとカラメルがしつこかったかな。こんなに量はなくてもいいかもと思ったけど女性とかにはいいのかな?

飲んで喋ってたから気が付かなかったけど全体としてボリュームが少なめなのであとでお腹が減ってしまった(^^;

ラ・コールは料理が平均的に美味くて安心して行ける店だけど、その分ちょっと意外性というか感動には乏しいなぁと毎回思ってしまう。贅沢な悩みでしょうか? でも、先日行った、そばーじゅやコンタディーナやプカラーサとかにはそれがあるんだな。それはちょっとしたことなんだけど予定調和をほんの少し崩すだけでも可能じゃないかと思ったりした。

L'A CCORR(ラ・コール)
沖縄県 那覇市 松山 1-7-1 098-860-8777

12月 23, 2005 料理/店 | | コメント (0) | トラックバック (1)

サザンプレックスオープン

ent_gyouretuと言う訳で、早速行ってきました。10時前に到着。駐車場が混んでいるだろうから、ジャスコに停めてからとも思ったけど、まだ午前中だし大丈夫かもと直接行ったらかなりいっぱいではあるけどまだ空いていた。行くまでに歩いている人を多く見かけたので近くの人は歩いてきているのかもしれない。

hall_people.jpgチケット売り場には行列ができているけど、流れがどうもスムーズじゃないのはチケットの買い方に慣れてなくて手間取ってるせいだったかも。スタッフの人も映画の題名と時間、人数を言ってくれればスムーズに発券できますなんて何度も言ってたしな。行列のできるラーメン屋とかではあらかじめメニューを聞いたりするので、同じように紙でも配って丸とかつけてもらうとか、聞き取りすればいいようなとも思ったりする。昨日も書いたように外だけでなく中にもチケット売り場があるので、そっちに廻ると若干空いてはいる。中で買う方がいいかもね。

amuse_in.jpgキングコングを見ようかと思っていたのだけど、これって3時間8分あるんだよね。それに11時からの上映でちと時間的に今日は辛いなと思っていたら、予告編でMr.&Mrs.スミスの監督がボーンアイデンティティと同じ人だってのと時間的にもちょうどいいのでそっちに。チケットを買ったあとに隣のアミュージアムをちょっとのぞいてみる。ゲームセンターというよりUFOキャッチャーがいっぱいってな感じでもあったけど、映画の半券で1回がただになるようだ。次回はもちっとよく見てみよう。

rouka.jpgさて10時半からの上映で20分前に案内があったので早いとは思ったけど、まずは席を見てみようと中に入ったら一番乗りだったようで、ちゃんと写真が撮れた。ここは入ってすぐ右の6番のスクリーン。思ったより狭い感じだけど、もっと大きなスクリーンもあるのかな?

kanai6_01.jpg kanai6_02.jpg kanai6_03.jpg

映画の方は、DVDで見てもいいかなって感じだけど久しぶりに大画面で見る映画はやっぱりいいな。やっぱり夫婦で同じ職業でライバル会社はまずいでしょう(^^;

wc2.jpg wc2.jpg
トイレもなんかあるかなぁとちょっと期待したけど、床のタイルがちょっとアメリカの60年代っぽいくらいで、ここには遊び心はなかったな(^^;
caple_terrace.jpg capli_menu.jpg
終わったのは13時すぎなので隣のカプリチョーザでランチでもと思ったけど案の定満席で順番待ち状態。テラスは喫煙者のためでもあるらしくあいにく寒いので誰も座ってないのだけど、お客さんが多すぎてパニック状態でもあるみたいなので次回にすることに。カプリチョーザもいつのまにかメニューに1人前サイズが取り入れられるようになったんだね。

02_front.jpg 04_front_ue.jpg capli01.jpg

12月 17, 2005 ニュース | | コメント (0) | トラックバック (0)

南風原1209

splex_zenkei.jpg夕陽に染まってなくても夕陽みたいなサザンプレックスだけど、照明が点るとさらに派手な感じだなぁ。雰囲気としては60年代のアメリカって感じなのかな。

splex_z01.jpg splex_kanban.jpg

kibi_haebar051201.jpg

もうすぐさとうきびの収穫の時期。南風原と言えば、カボチャとナーベーラーが有名だけど、やっぱりさとうきび畑がどこでも見られるな。観光の方は、時々この穂を見て、沖縄はススキまで大きくなるんだと感心したりする(^^;

南風原町ドリームコート

01_dc_baske_good.jpg

南風原北インターからちょっと南に下った高架の下には南風原ドリームコートと呼ばれる様々な競技スペースが設けられている。
横の道を走る時に時々、スケートボードをやっている若者たちを見かけたりするので今日はちょっとクルマを停めて歩いてみた。

02_dc_skate.jpg 04_dc_handball.jpg

テニスコートやハンドボール、スケートボード、インラインスケート、BMXにバスケットコートなどが整備されている。有料のものもあって柵がされているのもあるけど、バスケットコートとかは自由に使えるみたい。

照明施設もあるので夜間の利用も可能じゃないかな。廻りはさとうきび畑に囲まれているし、高速道路はかなり高いところにあるのでそれほどの圧迫感もないし、少々の雨なら平気かな。

05_dc_kibil.jpg

スケートボードとかの使用に関しては、公園施設管理者の南風原町役場、生涯学習振興課(098-889-6181)まで問い合わせるといいようだ。スケートボードなどの利用には、傷害保険の加入が必要とのこと。

12月 10, 2005 ニュース | | コメント (0) | トラックバック (0)

サザンプレックス2

051207_zenkeiサザンプレックス情報の続報。12/6現在、外観はほぼ出来上がったみたいで看板職人の方が作業している他は、スタッフらしい人たちが何人か見える。入口まで歩いていってちょっと内部を覗いてみた。

051207_capli 051207_capli2

正面右はカプリチョーザ。独立飲食店はこれだけのようだけど、南風原ジャスコの駐車場も利用できるようだしあっちは飲食店が充実してるので十分かも。

051207_inこれが入口から中を覗いたところ。ホールは美浜の7プレックスとかに比べると小さ目だけど、円形になっていてこっちの方がなんかクラシカルな雰囲気もあっていい感じかも。

051207_ticket こっちがチケット売り場とゲーム機器が170台というアミューズメント施設のアミュージアム南風原店。ここでは全国初という映画の予告編やCMも流れるらしい。ジャスコ隣で建設中の南風原初のマンションのCMもここで放映されるらしい

051207_capli_side2いよいよあと10日でオープン。なにかイベントとかあるのかな。楽しみ〜。

12月 8, 2005 ニュース | | コメント (0) | トラックバック (0)

サザンプレックス

051124サザンプレックスは、南風原町のジャスコのすぐ隣にできるシネマコンプレックス。当初12/25オープンの予定だったのが17日に早まったらしい。県内3番目のシネマコンプレックスだけど、フィルムを使わず、デジタル情報を映写するDLP(デジタル・ライト・プロセッシング)シネマ技術導入は初めて。

スクリーン数は7で併設されるアミューズメント施設は、アミュージアム南風原店で、ゲーム機170台を備え、店内設置の横8メートル、縦7メートルほどの巨大スクリーンで映画予告編を上映する。これは全国でも初の試みだそうな。

051123_01 051123_02 051123_03

南風原ジャスコの駐車場も使えるらしいので、ショッピングの合間に映画ってのもいいかも。サザンプレックスにどんな飲食店が入るのかも興味あるけど、ジャスコも飲食店は充実しているのでこっちで食べることもできるのは嬉しい。詳しい南風原町の情報は南風原タウン情報を見ると参考になるかと思う。

サザンプレックスはもちろん南風原初だけど、ジャスコの隣には南風原初の分譲マンションも建築中だ。9階建でジャスコよりちょっと背高のっぽになる。多分、南風原一の高層建築物じゃないかな?
最近はマンションの耐震性が世間を賑わわしているけど、このマンション(トゥエルヴ エステムコート宮平という名前だそうだ)では建築の一部始終を写真や動画で公開している。


12月 3, 2005 ニュース | | コメント (0) | トラックバック (0)