« Dutch Oven Party 20th | トップページ | チーズ入門講座 3 »

かつおめし 苗

mozuku_nae_s.jpgかつおめしで有名な老舗の沖縄料理屋。メニューが豊富なことでも有名。余りに多くて選ぶのが大変かもしれない。今回は東京からの友人といつものkunkun氏と5人で。

rahute_nae.jpg
ラフテー。豚の三枚肉を泡盛等で煮込んだもの。味噌仕立てでかなり濃い味つけ。柔らかくて美味い。泡盛の肴にもご飯にもあう。

tebichi_nae.jpg
てびち。いわゆる豚足。これもかなり濃い味付け。これはこれで美味いけど、どちらかというともうちょっと薄味の方がてびちは好きかな。

naesalada.jpg
苗サラダ。一風変わったサラダ。野菜の上にアサリやイカなどの海産物が載っているシーフード。味はまぁまぁか。サラダだからもうちょっとあっさりとしてる方が好みではあるけど。

naesalada.jpg
ナーベーラーチャンプルー。へちまのこと。炒めると水分がでてそれに味噌を加えてタマゴでとじるのが一般的。これも味付けはしっかりとしている。

mozuku_nae.jpg
もずく天ぷら。もずくは沖縄ではすぬいと呼ぶ。酢の物でも美味いけど天ぷらも美味。沖縄産のもずくは太もずくといって肉厚。全国の80%くらいのシェアを持っているそうだ。もずくに含まれている『フコイダン』には体の弱った人の防御機能を回復したり、免疫力と体内の様々な酵素の活性化などがあり健康食品として注目されている。

katsuokarupa_nae.jpg
かつおのカルパッチョ。マヨネーズがちょっと余計というかくどい感じ。オシャレさを狙ったのかもしれないけど、この店にはちょっと似合わないんじゃないかなぁ。

goya_nae.jpg
ゴーヤーチャンプルー。苦みのきいたゴーヤーだった。ゴーヤーはこうでなくちゃね。

mimiga_nae.jpgミミガー。豚の耳のこと。こりこりとしていて、コラーゲンもたっぷり。普通はチラガー(顔の皮)もまざっていてミミガーと呼ぶ。

全体的に濃いめの味付けなのは、泡盛の肴として考えられているようだ。上品さや洗練さは余りないけれど、素朴で力強い料理といった印象。今回は、萬座と太平を飲んだ。東京の友人は萬座を気に入ったようだ。今日の太平はkunkun氏はちょっと気に入らない様子だった(^^;

touhuyo_tomoyose.jpg
これは、友人がお土産ようにゲットした豆腐よう。これを見たのは初めて。なんでも2か月に1度しか販売しないらしい。それほど丁寧に作られているようで、さすがのkunkun氏も知らなかったようで、わざわざ、うりずん物産の友人に電話で確かめていたほど。売ってる場所は松尾なので今度行ってみようっと。

名物かつおめし 苗
住所:那覇市久茂地3-16-3
TEL:098-866-1411 営業:17:30〜23:30 定休:日曜・祝祭日は定休。

katsuomeshi_nae.jpgこれがかつおめし。撮影は6/10。美味しかった。

4月 14, 2004 料理/店 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22459/437724

この記事へのトラックバック一覧です: かつおめし 苗:

コメント

ご指摘ありがとう。早速訂正しました。
肝心のかつおめしを食い損ねたな(^_^;

投稿: rio | 2004/04/14 11:16:19

泡盛の銘柄ですが万座ではなく萬座(恩名酒造)です。
ラフテーはアンダースーのような味付けでしたね。ラフテーのアンダースー。白いご飯が欲しかった。

投稿: kunkun | 2004/04/14 6:53:01

コメントを書く