« 大学院1 日本のチーズとワイン | Main | チーズ教室入門科生徒募集 »

ペコリーノ

Cheese_italy_hole_2_080616

イタリアのサルディーニャから友人のところにチーズが届いたので分けてもらった。サルデーニャでは、チーズ用の牛や羊には、天然の牧草と無農薬野菜しか与えてはいけないことになっているので、非常に安心なんだそうだ。

12時の報告から時計回りに、
Misto stagionato115g
Pecorino fresco 90g
Pecoriono maturo 110g
Pecorino Maturo affumicato 80g

で合せて2200円。送料とチーズ代が同じ位なので、向こうならこの半額で食べられるんだ。日本で買えば逆に倍位しそうだ。特に最近値上がっているからなぁ。

Misto stagionatoは以前にも食べたことがある。羊と牛の混乳で約12ヶ月熟成のもののようだ。ミストはミックスのことで、スタジオナートとは最低4カ月以上熟成させたもののことらしい。やや香りが強く、マイルドな味でコクがあり美味い。口のなかでホロリと溶けて、味わいが広がるのが楽しい。

Cheese_pecorinoあとの3つは、frescoは、多分フレッシュの意味だと思うけど、熟成が浅いもので、あっさりとした味でクセもなく食べ易い感じ。
maturoは熟成したもので、香りもよくと旨味が凝縮されてて、後を引く味。やや塩気が強めでピリっとしていて濃厚
フレッシュや熟成のはちょっとシャリっとしたところもいい。
スモークしてあるのは、かなりなめらかな食感だけど、これも美味い。ワインが進むぞ。

Cheese_pasta080617これでカルボナーラを作ったら娘も文句は言わないだろう。いや、言わせない。が、こんなのを一度食わすとうるさくなりそうで、ちょっとやっかいかもだと思いながら作ってみた。

ペコリーノの熟成のとフレッシュをすりおろしてそれに、卵黄とミルクも加えてソースに。さらにスモークもカットして混ぜ合わせてみた。かなり濃厚でねっとりしてるので、娘はもっとクリーミィな方がいいらしいけど、大盛りを完食。次回は、もうちょっとなめらかに仕上げてみるかな。でも美味い。

|

« 大学院1 日本のチーズとワイン | Main | チーズ教室入門科生徒募集 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ペコリーノ:

« 大学院1 日本のチーズとワイン | Main | チーズ教室入門科生徒募集 »